サイトをあまり複雑化させない

WEBデザインのポイント 情報を充実させることもとても重要ですが、やはりより良いWEBサイトをデザインしていくためには見る人の側に立って考えることというのも大切です。
見やすいサイト、回りやすいサイトであればやはりそれだけ使いやすく便利に情報収集を行ってもらうことができますので、この点についてはよく心得ておくことが必要です。
より見やすく使いやすいサイトをデザインしていくのであれば、やはりこの作りが複雑になり過ぎないように心がけていくことは必要です。
どんなに情報が密に詰まったサイトでも、この構造が複雑であれば使い勝手に問題が出てきます。
使い勝手が悪ければ見る人は自分が今どこのページにいるのかも解らなくなってしまいますし、さっき見ていたページに戻りたいのにどうしたらいいのか解らないというようなことになってきます。
このようなことが起これば見る人は途中で嫌になってしまいホームページを閉じてしまうでしょう。
作りが複雑であればあるほど見る人にとっては不便ですからこの点については良く心得ておいてください。
サイトのリンクの分岐は多くても三階までに留めておくことがおすすめです。
これ以上サイトを深くしていってしまうと見る人を混乱させてしまうため、そのようなことの無いようにしましょう。
コンテンツや文章量などを考えて、それぞれのページの情報量を上手に調整しサイト作りに励んでいってください。
そうすることでとても充実したホームページを作っていくことができます。

オススメサイト

Copyright (C)2024WEBデザインのポイント.All rights reserved.